オメガ3脂肪酸

ヘルシーライフのために…使う油にひと工夫!

*☆*:;;;;;:*☆*1日に小さじ1杯のオメガ3脂肪酸*☆*:;;;;;:*☆*

店頭でもよく見かける「脂肪がつきにくい」などとうたわれている油ですが、
実は油のカロリーは、1g=9kcalと、どの油でも同じです。含まれる「脂肪酸」
の違いにより、中性脂肪のつきやすさなどが異なっているのです。

□■ダイエット中にもピッタリ!
~ココナッツオイル~
ココナッツオイルには、体内での吸収が早い“中鎖脂肪酸”が含まれ、効率
よく脂肪を分解してくれるため、脂肪の蓄積がされにくいそうです。さらに代謝
を上げ腸の活動を活発化させるため、ダイエットにも効果的だといわれます。

 
◇--驚きの効果!ココナッツオイルでお米のカロリーダウン?
~お米にココナッツオイルを加えて炊き、半日冷蔵庫で冷やすだけ!~
   
⇒脂肪酸が白米のデンプンの性質を変え、約50%もカロリーを抑えて
くれるのだそうです。

□■1日に小さじ1杯摂取の新習慣
~えごま油~
えごま油には青魚にも多く含まれている、“オメガ3脂肪酸”が豊富に含まれ
ます。脳卒中の罹患率の低下をはじめ、アレルギーやがんの予防効果もある
といわれる万能な油ではありますが、体内では作ることができないため不足
しがちです。

~そこで厚生労働省では、
「1日に小さじ1杯のオメガ3脂肪酸」の摂取を推奨しています。

“小さじ1杯”を意識的に摂取するために、こんないただき方もオススメ!
◆生野菜のサラダに、ドレッシングと一緒にひとかけ!
◆スープやヨーグルト、コーヒーにも、スプーンひとすくいを混ぜて!

⇒サラッとしていて風味も少ない油のため、他のお料理にそのまま混ぜても、
素材の味を変えずに美味しくいただけますよ。加熱してしまうと変質して
しまうのでそのまま使うことがポイントです。

□■食べてもいいの?
コレステロールの新常識?
油といえば、含まれているコレステロール値も気になるところですが、5月に
日本動脈硬化学会が「食事だけでは体内のコレステロール値は大きく変わらない」
という声明を発表しました。

声明によると、食事制限をしても、血中値の変化には個人差が大きいため、
一律に食事摂取基準を定めるのは難しいとのことです。とはいえ、脂質が多め
の食品は中性脂肪がついてしまう原因にもなりますので、食べ過ぎにはご注意
ください。



協会けんぽ愛知支部からのお知らせ記事より転載